2014年01月20日

ツイッテル、だけだな今回。

最近自分twitterにはまってしまっております。
最近ってとこがウフフなんですけど。やり始めだからはまってるのかもしれないけど。
専ら受動で情報の波に溺れております〜
twitterに限らず、受動的なのって楽で楽しいや〜。勿論様々な媒体然り、必要な情報は自ら選んでるんですけど。

学校の授業って今思えば楽しいものだったんじゃなかろうか。
大学時代って授業にでた記憶が余り無い、、でも卒業してるから出てはいたんだろうけど、なんかウマくやってたのだろか〜。修士論文だって心理学で研究しなくちゃなのに(やっぱり心理学の授業に出た記憶がほぼ無い)心理学だから何でもありっしょ!って、今の自分の心理!とかこじつけて当時大好きだった時計の事をまとめたんだよね。でも時計の事掘ってくととんでもなくて、歴史、哲学はまあ舐める程度ですんだんだけど、物理学やんなきゃだめになったんで完全に時間が無くなったのさ。なんで浅〜い認識で、1〜2割の研究成果で書き上げたね、論文と言うより引用作文だね。そんなんでも通る美大の甘い実状(当時としておこう)、、。
そして昨今、美大以外の学校に行き直したい欲求に悶えております。無理だけど。
斯くなる上は、、
mark1.gif か!

あ、あれれ、、とここで本末転倒にならない様にとっとと手を動かさなければ。
全然制作してなーいじゃん。

Sofitel_Tokyo.jpg
写真はソフィテル東京。こいつのこと書こうとしたけどめんどくさくなったのでまた今度。
posted by またお at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2014年01月15日

ジョセフ・クーデルカ展、行って来た。

この前、東京国立近代美術館で開催してた、ジョセフ・クーデルカ展見に行って来た。最終日で駆け足的に。

全てが ”強い” 。“強い”、”強い” 。
下手なイメージの入る余地のない完璧なヴィジュアル。
完璧すぎて視覚のフィクションに思えたり。。
少しはずしたようなものも見たかったけど、クーデルカは無いか。

以下、クーデルカさん活躍ちょい前からの時代背景など少々〜(昔みたチェコ写真展の図録、ウラジミール・ビルグスさんの解説より)
スターリン主義の共産党主義者たちが権力を得てた時代(1948年2月のクーデターから)は、写真においても、社会主義リアリズムや社会的、扇動的役割の原則を協議的に適用することが求められ、政治参加、伝統的なコンポジション、明快さが求められるようになった。
スターリン死後、とりわけ1956年以降のスターリン批判以降、緩やかな政治の雪解けがおこり、チェコ写真においても民主化が徐々に進行することとなった。社会の大きなテーマを扱う英雄主義や尊大さは、日常生活のこまごまとした出来事に対する関心へとすこしずつ姿をかえていった。イタリアのネオ・レアリスモの映画同様、日常性の非日常的な表出を試みていた。その雛型を見出したのは、楽観主義的な雰囲気が漂い、秩序が整然と構成そして美化され、明快な解釈を提供する、当時のマグナムのメンバーたちによる人道的なフォト・ジャーナリズムであった。(もちクーデルカさんはメンバー)
1960年代のチェコのドキュメンタリー写真の頂点をなすのが、ヨゼフ・コウデルカの神秘的な連作「Gypsies」である。普遍のヒューマニズム的な内容ばかりか、広角レンズを革新的に使用し、付随的なものを表出されたシーンから除去するなど巧みな構図によって、国際的な名声を手に入れた。

演劇写真家だったんだものね、そりゃ一層。

私、チェコ写真だったらおしめんはインドジヒ・シュトライトですな。

話変わって。
明治神宮に初詣行ってきた。で、大好きなおみくじを引いてみた。
明治神宮のみくじを引いた事がある人ならばわかるんですけど、ここのは大、中、小、凶とかじゃなくて、”御言葉” が頂けちゃうんです。
今回、何だか一昨年と同じ様な事言われてるよ!と戦慄を感じていたら、な、何と!一昨年と同じ ”御言葉” 頂いてました。凄い確率だ。
一昨年、いろんなものに追われて散々だったんですけど、、。
友人曰く、まだ足りなかったんだよと。 はい、恐らく ”あいつ” が来るなと。

IMG_0481.jpg
posted by またお at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2014年01月12日

2014 年になったった。

あ〜〜!2014 ねん。
後数ヶ月、もの凄い何かが無いとブラジルに行けないじゃないか〜〜〜〜〜ぁああ。

あけまして、おめでとうございます。本年は最低でも12回は更新していきたいものです。
あいやいや、最近言語の重要性をいたく痛感致しておりますもので、きっちり更新していきますですはい。
昨年は初っ端から 凶 みくじをダブルで引き当てる(覆せない真理なのね〜ってさ)という幸運に恵まれ、常に何かあるんじゃないかと慎重に生きぬいてこられました、ありがとう。
そして夏が過ぎ、ふぅー今年も一年終わったなと(大体夏を過ぎると思うたちなのです)気を抜いた秋口、何を思ったか迂闊な行動に出てしまいその結果(公募展に出品→審査員賞)、今の言語の重要性をいたく感じると自らに言わしめる事態となったのです。
考え無しにとった迂闊な行動が、現在の自分のアホな姿と無責任さを自分に曝してくれたので心がざわつきました、これが凶みくじの事象か!これか!?と思う程に。
でも結果オーライです、オールオブオッケーです、受け入れましょう、感謝しましょうこの現れを。この現実を見せてくれた審査員さんには感謝ですな。
てことで、今までの苦行遊びをベースに、灰色の脳細胞になるべく知の欲求を満たしてまいります!。言い過ぎた!。

そして最も重要な事、貴重な時間をさいて見に来て頂いた皆様には最大の感謝を、本当に本当にありがとうございました!!!

_B7A4022-1.jpg
2013年のベストは、、を頂いた時だわね。げへへ

posted by またお at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき