2012年05月25日

5月23日 武道館にて、D FL Excellent!

ダイヤモンドの価値は国際基準がありいわゆる”4C ”で表されるのだが、その4Cとは Carat(カラット、質量)、Color(カラー、色)、Clarity(クラリティ、明澄度)、Cut(カット)の事であります。
まあCaratは大きければ大きいほど貴重で高価なのは確かで、
Color、そもそもダイヤモンドは炭素だけの結晶で出来ているのですが、地球が窒素で覆われていることにより、炭素が結晶化するときに窒素を取り込んでしまうみたいです、その事でダイヤモンドを黄色く見せているんだそうで。。Colorの分類は沢山ありますがやはり無色透明なものが一番!
  D E F Colorless
   G H I J Near Colorless
   K L M Faint Yellow
   N……R Very Light Yellow
   S……Z Light Yellow
 (Z以下も分かれているけどどんどん黄色や褐色が強くなるようです。)
Clarityはダイヤモンドの輝きをはかるものです。ダイヤモンドが結晶化するとき、圧力や温度など外部からの何らかの影響で結晶の方向がずれたり、結晶にならない部分が残ったり、稀に異物が混入したりします。この内部欠陥や外部欠陥の有る無し、その大小がダイヤモンドに入ってくる光を透過するのを妨げ輝きに影響を与えるのです。この欠陥が無いものは貴重です!
 FL (Flawless) 内部外部とも欠陥なし
 IF (Internally Flawless) 内部に欠陥なし
 VVS (Very Very Slightly Included) 1,2 熟練したグレーダーが見て発見が困難な内部欠陥がある
 VS (Very Slightly Included) 1,2 非常に小さな内包物がある
 SI (Slightly Included) 1,2 10倍で見れば発見が容易であるが肉眼では見えない。
 I (Included) 1,2,3 肉眼で見え、光りの透過や輝きに影響を与える大きさの内包物がある。
ダイヤモンドのCutの評価になるものは光学的にダイヤモンドの高い屈折率を最大限に活かした58面体のラウンド・ブリリアント・カットだけだそうで、判定結果は上から順にExcellent、Very Good、Good、Fair、Poorの5段階で評価されます。
ダイヤの輝きは3つの要素、ブリリアンス(光輝)、ディスパーション(光の分散)、シンティレーション(閃光)、の相乗効果で起り、Cutのグレードでその輝きも変わってきます。

D FL Excellent 結局何が言いたいかって、ノエルの兄貴はこれだと言いたいのです。白シャツの兄貴はステージ上で一粒ダイヤでしたよ。それは好き好き好きのかなりひいき目ではありますが。しかし後々はオアシスに戻ってほしいですな。兄貴はオアシスの曲をアレンジして演ってくれたけど、やはりリアムのパートはリアムが最高なわけで何だか兄貴でも物足りない、、兄貴にははっちゃけリアムが必要です!(SUPERSONICのあのアレンジまでいくと流石に良かったけどね〜)
きっと戻るでしょう、マンチェスターシティーも歴史的な優勝をしたんだから!




【つぶやきの最新記事】
posted by またお at 01:38| Comment(0) | TrackBack(1) | つぶやき
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56058819

この記事へのトラックバック

http://www.valras-plage.net/brick-muscle/
Excerpt: 又男日記
Weblog: http://www.valras-plage.net/brick-muscle/
Tracked: 2016-12-08 15:15