2011年05月27日

The Living Legend

      baby huey551.jpg

で〜ん。

無性にBaby Hueyの A CHANGE IS GOING TO COME が聞きたい気分でありまして、、
Baby Huey のシャウトというか叫びに合わせて叫びたい。
A CHANGE IS GOING TO COME は偉大なソウルシンガーSam Cook のカバーなんですけど、私はBaby Hueyの叫びがお気に入りるんるん
一目惚れにてジャケ買いしたこのアルバム、サイコーです。
全くの前情報なしで衝動買いだったのですが、プロデュースがこちらも偉大なファンキーソウルブルースプレイヤー(長っ、いやいやもっとマルチだけど) Curtis Mayfield だったり。実は有名なアルバムだったり。
Baby Huey は60-70年代にローカルで活躍したシカゴのソウルマンで、薬物乱用により26歳の若さで逝ってしまってます。ファーストにして遺作となったこのアルバムの完成を見てません。8曲中3曲インストなのはそのせいか、、。

1. Listen to Me (M.Johnson)
2. Mama Get Yourself Together (J.Ramey)
3. A Change Is Gonna Come (S.Cooke)
4. Mighty Mighty (C.Mayfield)
5. Hard Times (C.Mayfield)
6. California Dreamin' (J.Phillips)
7. Running (C.Mayfield)
8. One Dragon Two Dragon (J.Ramey)  ( J.Ramey=Baby Hueyだよ)

インストもファンキーで捨て曲なし!

baby huey549.jpg   まぁとにかくデカイと、、
右から三番目の白いデカイやつ



彼のバンドが The Babysitters って、なんて素敵なぴかぴか(新しい)
posted by またお at 02:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2011年03月08日

突然、古井戸。

土曜日の深夜の事、急に古井戸が聞きたくなって引っ張りだした。
ここんとこ気分はカリビアンだったのに、何故だか70年代ジャパニーズフォーク!。
麗蘭の事に触れたからかしら〜と思ってたら、そーいや3月5日はチャボ還暦お祝いライブだったんだイベント

カンレキ を セーダイ に祝う出演 アーティスト
奥田民生/斉藤和義/ザ・クロマニヨンズ/さだまさよし(岡本定義 from COIL+山崎まさよし)/
曽我部恵一/寺岡呼人/TRICERATOPS/浜崎貴司(FLYING KIDS)/宮沢和史/YO-KING/
吉井和哉/Leyona/Guest Guitarist:山田武郎(THEイナズマ戦隊)

MC:竹中直人

Guest:仲井戸“CHABO”麗市

CHABO'S 60th Aniv. BAND
寺岡呼人(G, Cho)/土屋公平(G)/佐藤タイジ(G)/林由恭(B)/
河村"カースケ"智康(Dr)/伊東ミキオ(Key)

2011年3月5日(土) Zepp TOKYO

テレパシー。
でも、古井戸、、。

   髪。 いやいや、名曲。
posted by またお at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2011年03月06日

ライブ!

一昨日は本年一発目のライブ、1月にニューアルバム ”A History Of Now” をリリースしたばかりの Asian Dub Foundation に行ってきましたー!
いやーライブ最高!くぅ〜グッド(上向き矢印)
なにぶんハンデ持ちな身ゆえに、パーティミュージック(メッセージ性は強いものがありますが、私の中ではそんな位置づけですもん!)で踊れなかったら痛いなぁ〜〜と思っておりましたが、踊ってきました手(パー)手(パー)、仕切りの黒柵を恋人に揺れるハート
ニューアルバムの中の "This Land Is Not For Sale" が聞きたかったんですが、ちと残念。
私、ボーカル/MCのAktarv8rさん着用の ”方南町駅” T-shirtに目が釘付け!。東京の駅名シリーズT-shirtってあるの?方南町があるだなんてどんだけ網羅してんだよぴかぴか(新しい)
とにかく、日頃の鬱積と激務をすっとばしてくれるライブはやめられませんパンチ
あ〜麗蘭のチケットを逃したのは痛い、何処かに余ってないものかもうやだ〜(悲しい顔)

ニューアルバムじゃないし、メンバーも違うけど、
  Tank (2005年)より。


こちら、ニューアルバム”A History Of Now”
51hBYn4mu8L-1._SL500_AA300_.jpg
posted by またお at 02:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽

2011年01月07日

年始はアッパーで。

皆様、明けましておめでとうございますモバQ。今年も始まって一週間目です、いかがお過ごしでしょうか?

今年一発目はノリノリでアゲアゲなカリビアンダンスミュージックsocaのコンピアルバムLIF UP YUH LEG AN TRAMPLEのご紹介ですグッド(上向き矢印)
このコンピ、Notting Hill Carnival40周年を記念しつくられましたとな。Notting Hill Carnivalとはリオに次ぐカーニバルで、ヨーロッパ最大です。IN ロンドン。
socaとは、トリニダード・トバゴ発祥のポピュラーミュージックです。ってか、祭りです手(パー)
ラテン、サンバ、R&B, ダンスホール、レゲエ、ボーダレスなリズム入ってます。ってか、祭りです手(パー)手(パー)
ブックレットは、60,70年代のNotting Hill Carnivalの模様やその界隈、最近のトリニダード・トバゴのカーニバル、と何かよくわからん写真がまとめられています。何かよくわかんなくても絵になってかっこいいってのはブラックパワー!ぴかぴか(新しい)

全く音的に伝わらないんですが、すげーセンスなこれを
コンピ収録のBunji GarlinさんのWarrior Cry


1) Laventille Rhythm Section - Rhythm
2) Dawg E Slaughter - Trample
3) Timmy - Bumpa Catch A Fire
4) Maximus Dan - Soca Train
5) Andre Tanker - Food Fight
6) Dawg E Slaughter - Bounce
7) Massive Gosine - Chrloo
8) Denise Belfon - Saucy Baby
9) Bunji Garlin - Warrior Cry
10) Machel Montano - Fireman
11) Michelle Sylvester - Go Ahead
12) Bobo & Agony - Soca Taliban
13) Machel Montano & Black Stalin - Love Fire

v.a.-lif_up_yuh_leg_an_trample.jpg このアルバム、聴くと行動が早くなるよ!


posted by またお at 03:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2010年12月08日

ALIENSがやって来た!

やっとこさ注文してたブツが届いた。遅くなったのは入荷遅れのもー1枚のブツのせい。一緒に頼むんじゃなかった〜と後悔していたところ、もー1枚は在庫無しでキャンセルに、、もっと早く知らせてくれよ。仕方ないから割引してないとこで頼むか〜。

で、やって来たブツは アフリカはガーナ伝説のアフロビートバンド THE PSYCHEDELIC ALIENS の「 PSYCHO AFRICAN BEAT」
ですーーー!!パンチ
1969〜1971年までの3年間の活動での、3枚の7”EPをおまとめしたブツです。
ファンキーです、グルーヴです、ロックです、アフリカ音楽です、ぴかぴか(新しい)サイケぴかぴか(新しい)です〜〜。全8トラック、あっという間に疾走していきます。
ブックレットがくっ付いた紙ジャケになっていて、色々凝った作りにはなっているのですが、開く度にメリメリ、ミキミキ〜と不安な音を奏でます。
”こだわりの4枚組7"仕様” だとワッペンが付いてくるみたい。うちのはCD版、ワッペン欲しかった、、、。
いや〜かっこいい



映像のクオリティが、、、

the_psychedelic_aliens-psycho_african_beat_b.jpg

posted by またお at 02:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽

2010年11月17日

CD引っ張りだして

またまたリンクいただきましたー。
謎の音楽ユニット33さんです!手(チョキ)
ついこの前13日にライブ見ました。今後がおおいに楽しみなバンドであります。
ボーカルがSparklehorseに似てると情報あり、宅のCD庫にもそーいやあったなと思い引っ張りだしてみた。
宅にあるのは4枚目のアルバムDreamt for Light Years in the Belly of a Mountainなのだが、楽曲は聴いてもらえばいいのでおいといて、
ジャケットのアートワークがこれまたいいのだ。イラストレーターのRobert Pokornyていう人のアートワーク(今のところググってトップの人ではないよ)。
いやー楽しい世界観!。ルドンみたいな子もいるし。
昨今、iTunes storeの充実ぶりには目を見張るものがあるんだけど、(プレミアのついてる絶版CDを、出来るだけ安く買い求めようとかなり探しまくって何処にもなくってブルーだったのに、storeで1500円で売られてたあの日の衝撃、、。)
ジャケアートワークは拝めないからねー。

てことで、33さんのボーカルさんがSparklehorseに似ているかどうかは〜聴いてみて!

moment_lg.jpg こちらもRobert Pokornyさんのお作。

追記 iTunesにビートルズ来た。
アップルが凄い宣伝してたけど『明日、いつもと同じ日が、忘れられない一日になります。』って。こーゆー事だったのね。
Apple因縁。
posted by またお at 02:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽