2017年10月07日

中山道は信濃追分へ〜〜

久々の更新になりましたが、今回は企画ものの制作をしたご報告です ひらめき

 企画のキーワードは、信州・信濃追分、その土地を意識したもの。そして、銅版画制作。
なにをチョイスしようかと考えを廻らせ、街道旅だな、ここは ”馬子唄” だなと至りました。
”馬子唄” とはご存知ない方もいらっしゃるかと、ざっとwiki知識で解説を〜

『馬子とは、馬をひいて人や荷物を運ぶことを職業とした人。 うまかた。うまおい。
その馬子が馬を引きながら唄う歌の事を馬子唄という。民謡の1分類。
歌詞は甚句形式が多い。一音多声のメリスマ型で一定のリズムを持たないので難しい方に入る。メリスマとは、歌詞の1音節に対して、いくつかの音符を当てはめるような曲付けの仕方をいう。ー (wiki)』
馬子唄で代表的なものが、碓氷峠を中心に往来する馬子衆によって唄われ、中山道追分宿の飯盛り女によって三味線の伴奏や囃子詞の入った座敷唄「追分節」に発展した小諸馬子唄で、古来から「小室節」とも呼ばれる。これが北国街道を北上し越後に行って「越後追分」を生み、北海道に渡って民謡「江差追分」の母体となったんだそうです。
民謡、最近はめっきり耳にしなくなりましたが(私的に)、以前はCMとかでもちょくちょく耳にする機会はあったんですがね〜。今回掘って行くにあたり、YouT~なにがしでしっかり視聴したけど、体にす〜っと入ってきますね。
 でその馬子が、馬子唄を歌いながら往来した場所が今回のお題の一つ”追分”という場所です。
追分とは、街道の分岐点を意味し、もとは「牛馬を追い、分ける場所」を意味します。
各地にありまして、私馴染み深いところでは新宿の新宿三丁目交差点がそうです、伊勢丹と交番のところ。ここには今もその名の通りの ”追分だんご” 屋あります。
しかし、今回のキーワードの追分は”信濃追分”のことです。
こちらの追分は、江戸時代の五街道の一つ、京都へと至る中山道と善光寺を経て越後に至る北国街道の分岐点の宿場。
中山道を江戸から来ると、最初の難関の坂本宿から軽井沢宿の間にある碓氷峠越えで、峠を越えると信濃の国。追分宿はその三番目の宿場として大いに栄えたという事です。

 ここの追分宿の一つに "油屋" という旅籠がありました、天保時代の記録によれば脇本陣として使用されていたとのこと。脇本陣なので大名、勅使などの利用がないときには一般客の宿泊もオッケーだったみたいですが、ここ油屋と大黒屋というのは、飯盛女など美人が多くて色々お代もお高くて、庶民にはちょっと手の届かない存在だったとの説も。
この宿場町は徳川幕府倒壊と、明治26年の信越本線の開通によって衰退していきました。
追分宿の人達は、集団で佐久市の岩村田にお引越しして営業していたとのこと。さらに、油屋と、永楽屋は追分でも旅館業を営んでいたとのこと。
近代には堀辰雄やら多くの文豪達にも愛されて定宿にされていましたと。
 そして現在、その油屋は保存活動も進められ「信濃追分文化磁場油や」という文化施設として再生されています。
その油やでの文化企画の一環の制作です。

そしてなんとこのブツは、”油や” でのみ絶賛発売中!! ( ひらめき 私の他にも5人の作家さんが制作しております)
私にしては珍しく旅情たっぷり画です。馬子唄とともにいざ追分へ〜どうですか〜

馬子01.jpg
4種、各エディション30部
旅の空、三筋立つ、二人連れ、浅間の煙
posted by またお at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | News

2017年07月11日

7月、グループ展のお知らせ〜

夏だな、7だな。
グループ展のお知らせですひらめき
今回は、私が2015年に参加させていただいた、信州の酒蔵 ”真澄” さんの「アーティストラベル」プロジェクトが今年で5年目となり、これを記念しての5人のアーティストの作品展となります。
『アートと酒の出会い展』という趣向となっております。
旨い酒と旨いアートのコラボですな。
初日は真澄社長の宮坂直孝さんと郷土料理研究家の横山タカ子さんのオープニングトークもあります。

因みに私の出品作10点ぐらい(予定は未定)は、悪酔い必至か盃を落とすかですいい気分(温泉)
お近くの方、長野方面に行かれる方、ギャラリーは善光寺近辺なので観光がてら、どうぞよろしくお願いします!

◎アートと酒の出会い展
日程 2017年7月16日(日)〜24日(月)
   10:00〜18:00(日・祝・最終日は17:00まで)
出展
小山利枝子(2013)/たかはしびわ(2014)/吉村正美(2015)/近藤英樹(2016)/ナカムラジン(2017)

初日7月16日(日)のイベント
15:30〜16:00
オープニングトーク 横山タカ子×宮坂直孝
16:00〜17:30
オープニングパーティー
18:30〜19:30
信州放送人が読む会:日本酒を楽しみながらの朗読会
出演:生田明子(SBC)・伊東秀一(TSB)

ガレリアDM-1.jpg

ガレリアDM2.jpg
posted by またお at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | News

2017年03月27日

近々のエイプリルフールなんだけど、展示なんだよ。

久々の更新は、またまた展示のご案内です ひらめき

今回会場は長野で、今週土曜日4月1日からの開催となります。
そして久々の2人展、初タッグという事で非常に楽しみです。
セッティングはこれからなのでどの様な場になるのかは未知ですが、まずくないタッグなので面白いこと間違いなし。

うーむ今回は、展示で使用する絵画を製作していたんですが、画面上に自らの枷た制限がストイック過ぎて、描いてて心が折れそうになりましたよ。。

さてさて、オープニングまでに一週間を切っておりますが、長野の皆様どうぞよろしくお願いします。
いや、この時期だけど急にこっち方面に行くんだよという方、ご都合つきましたらどうぞよろしくお願いします。
会場が元倉庫のギャラリーなんで、なんとなく広くてさぞ寒かろうだけどどうぞよろしくお願いします。

エイプリル アニマ (ル)  松田朕佳・吉村正美 展
2017 4/1(sat) ~ 4/9(sun) 13:00 ~ 17:00
FLATFILESLASH/Warehouse Gallery
〒380-0875 長野市大字小鍋11-17

AP-1.jpg

AP-2.jpg
※詳細はDMクリックでよろしく!
posted by またお at 17:11| Comment(2) | TrackBack(0) | News

2016年10月21日

もうすぐ展示するよ〜

秋も色づいてきましたね〜
と、再び展示のお知らせです ひらめき

今回の展示は、この夏にやった展示のまた違った形でのアプローチとなります。
前回は色々盛り込み過ぎて、主題が見えにくくなった感がありまして、今回はシンプルな構成となっております。主題が少々変わったので、いくつかものも変わっております。(と言っても前回を知ってる人はかなりレアですが、、)
そんなこんなで、久々の都内での展示です、よろしくお願いします!

DM_1_1.jpg
OギャラリーUP・S
2016年10月31日(月)〜11月6日(日)
12:00~20:00
日曜日 11:00~15:00

中央区銀座1−4−9
第一田村ビル3F
03-3567-7772
http://www4.big.or.jp/~ogallery/
posted by またお at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | News

2016年08月06日

8月の展示なのだが、、

夏真っ盛りです、久々のsolo展示インホでございます〜。
東京の友人達にはまたまた申し訳ないのですが、またまた長野でです。
そして長野の友人達には、この場所はどこだよ?と言われております。そこは長野市内です。

今回の展示は、版画と写真とコピーのインスタレーションとなります、が単純にprint繋がりにしたわけではなくて、思考を形にしたらこの形になった!なんて事はまあ大々的には言えませんが、このメディウムを使いたかったというのと、思考してる事がそこそこ一致したから使えるようになったという感じです。
写真は以前にも版画の中に取り込んでの使用はあったのですが、そのままのメディウムで使用する事はなかったので、どう見えてくるのか戦々恐々でしたよ。戦々恐々なのに事前にシュミレーションが全くできなかったのでセッティングがかなり危険でした。でもこのセッティングは面白かったなと。

夏にこちら方面いらっしゃる方、どうぞよろしくご覧くださいませ!

吉村正美 展
“Black Limousine”
2016 8月4日〜8月27日
木・金・土 午後13:00 ~ 17:00
FFS Lounge Gallery

masazdm2-1380x920.jpg

ffsmap
ffsmap-1024x673.jpg
google map / 36.665491, 138.159630
施設住所
〒380-0875 長野市大字小鍋
倉庫ギャラリーフラットファイルスラッシュ
posted by またお at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | News

2015年09月24日

感謝の意と告知ー

あの夏からすっかり月日が経ち、
アーティストラベル企画の一環での、酒蔵さん店舗内展示もとうの昔に終了です!
購入していただいた皆様、展示ご覧になっていただいた皆様、どうもありがとうございました!感謝でございます! ぴかぴか(新しい)
しかしこれが何と痛い事でしょう、報告が半月以上経っての今になってしまいました。あーーーなんて事だ。
ちょっと次の展示の準備に追われておりまして、トホホ。
また告知が遅くて、その次の展示も9月20日にオープニングを迎えましたとさ ひらめき、めでたし。間に合って!?(終了させて!させた!?)、めでたし。
今回は100号の絵画だったんですけど、いつも以上に出だしが遅くて、イメージがブレブレで筆も遅く、結構焦りました ダッシュ(走り出すさま)
今回描いてみて薄ら見えて来た事もあったので、先は長いが粘り強くやるしかないなと強く感じましたとさ。

na-omote.jpg
ナガノオルタナティブ 2015
9/20 - 10/25 の金土日オープン
13:00 ~ 17:00 ¥500-
FLATFILESLASH / GALLERY
長野県長野市大字小鍋200

元大道具の倉庫なのでそこそこ広ーーいスペースを使った、10人の作家による絵画とインスタレーションです。
お近くの方、こちら方面におこしの方、よろしくお願いします!

最後に、酒蔵店舗展示の一部分をちょいと、、
R0010652.JPG 

R0010646.JPG


posted by またお at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | News

2015年07月11日

祝! 発売。酒! 発売。

今回、長野県諏訪市にある酒蔵真澄さんとこの「アーティストラベル」プロジェクトの第3弾に抜擢されまして、本日から私の絵柄ラベルを纏った純米吟醸発売です ぴかぴか(新しい)
本製品のみ限定醸造の夏のお酒となっております。
第三弾、第三、三、、と言う事は、世に言う ”三代目は身上を潰す” なんて事うっすら三だけで思ってみたり。
いやいや、”三代続けば末代続く”。 諏訪大社にお辞儀だな。

更に更に、同じく諏訪市にある酒蔵麗人さんも「アーティストラベル」プロジェクトに賛同し、今回第一弾なんですがこちらも私の絵柄を採用して頂き、純米大吟醸発売となりました ぴかぴか(新しい)
本製品のみ限定醸造の夏のお酒となっております。
第一弾・・・すみません ダッシュ(走り出すさま)。 諏訪大社にお辞儀だな。

この自由すぎる程自由に描かれた両ラベル絵はかなり古いもので、どうにも胸の内がざわざわするのですが ドコモポイント、”色あせない”と言う言葉を日々反芻させております。
そして、昨今の世相にマッチしているではないかと、ほら”神”であったり、”基地”であったりさ。
それと、この様なオファーを頂いた場合に記載できる経歴が乏しく、むりくりに行を埋めてはみたが、成る程こう言う事か、と思うところも出てきましたよ。

どちらのお酒も本数限定で、諏訪にある蔵元ショップか、長野県内の少数のお店か、通信販売で購入可能です。
真澄オンラインショップ
麗人オンラインショップ
日本酒にご興味ありの方々、どうぞよろしくお願いします!
美酒を味わいながら、ラベルでひと笑いして下さい。

あっと、あっと、両蔵元ショップ内で原画と、版画の展示してます。麗人さんは、スペースの都合で数点なんですが、真澄さんは結構展示数多いです。真澄ショップ内がいい感じにムーディ〜なんですが、黒い銅版画がムーディ〜酒瓶にマッチしてて、銅版画の使用用途広いわ〜とシミジミ感じましたとさ。
お近くの方、夏に諏訪湖、諏訪大社行っちゃおうかなと言う方、こちらも合わせてよろしくお願いします!
展示は8月いっぱい迄です。

IMG_9497-thumb-400x300-1375.jpg  90893810.jpg
posted by またお at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | News

2014年11月11日

展示告知〜、とその他〜

展示します。してます。
11日〜19日迄、またまた長野で小布施という所でやります。
小布施は栗とか名産ですな、ざっくり。
今回はディレクターがチョイスした2人展となります。
初インスタレーションに取り組んでみましたが、机上の論は空なのねと改めて認識致しました。二転三転したし、コンセプトの軸をぶらさずに保つにはもっと用意周到にしなくちゃいけないんだなと思いつつ、statementの最後の一文で非常口も作ってあるという。
そんなこんなで、
statement
アメリカの心理学者アブラハム・マズローによって提唱されたマズローの欲求段階説によると、人間の持つ内面的欲求は5段階の階層に分かれており、低次の欲求が満たされると順々により高次の欲求を求めるようになる。仮説であるが人間のモチベーション理論の一つとされている。
その最高次の段階に、潜在的な自分の可能性の探求や自己啓発、創造性へのチャレンジなどの自己実現の欲求が位置している。人間は生存の欲求が満たされ、内的欲求をより外的に求めるようになるのだが、人間の飽くなき欲求が故に歴史上繰り返されて来た事がある。その欲求が、冒険者から開拓者、そこから侵略者となり最終的にはジェノサイドへと向かってしまう。
困難はつきまとうが冒険、開拓は希望に満ちあふれて明るいものだろう、次の侵略へと向かってしまう前に我々はこの流れを止めるにはどうあるべきかを気付かなければならない。

ここ小布施ではまだ目に見える形でこの流れを感じる事は出来ないが、目に見えない形で現象として実はあるのではないだろうか。この開拓から侵略への流れは着々と進行していて、実際は非常に危機的状況にあるのではないか?自分達には見えないという事はただこの三次元空間に存在していないだけであって、認知外の高次元空間には存在している可能生はないわけではない。
今回の展示ではその仮説(高次の冒険者はすぐそこにいる)の具現化を試みた。
認知できない高次元の情報を、認知できる三次元空間に落とし込んだ形状であり、その構造は最もシンプルに網目状の立方体で表現されている。しかし未知なるものに対しては想像の域をでないので、そこには常にサプライズがつきまとう。


8X8cmの立体造形物が大多数なんですが、版画も油絵もありの絵画性の強いインスタレーションとなっておりますかな。
秋の紅葉シーズンでこちらに足を運んでもいいかと思う方々、よろしくね。

100514-700.jpg



と、ここからお話変わって前回のグループ展の事なんぞを、、
セッティングが終わり、ご一緒した作家さん達の空気で質の高い空間の中に在ると、私の暴れた絵もおちついちゃうんだなぁ(もっと暴れさせたかったんですが中途半端)、と思っていたのもつかの間で、騙せませんでしたな。
版画はプロだけど、絵画はアマチュアだとゲスト多摩美教授に言われてもうた。
ご一緒した作家さんにも、100を描いてる部屋が狭すぎる!と言われてもうた、うんうん。
そうアマチュア的ノリでのびのびやってしまってるさ=
関係各位の皆様、見てくださった皆様、改めて有り難うございました!

R0010589.JPG
真中100号はアクリル、その横3連作は油絵、周りは銅版画です〜。
posted by またお at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | News

2014年07月28日

告知する〜、グループ展参加いたします。

グループ展参加いたします。

長野のアートに出会う
第4回 N-ART展 2014
会期/2014年8月1日(金)〜8月10日(日)
10: 00a.m.〜6:00p.m. (日曜・最終日は5時終 了)
※定休日8/6(水)

■出品作家
今井杏美 (絵画/長野市)
OZ / 尾頭 / 山口佳祐 (絵画/長野市)
ごとうなみ (絵画/長野市)
小山利枝子 (絵画/長野市)
ナカムラジン (版画/御代田町)
中山徳幸 (絵画/長野市)
吉村正美 (版画/東京都・長野市出身)

ギャラ リートーク
「表現すること・見ること」
日時:8月2日(土) 15:00〜17:00
ゲスト:本江邦夫(美術史家・多摩美術大学教授)
オープニングパーティ 17:00〜

長野市出身という事で、混ぜてもらっております ひらめき
版画と絵画出す予定です。
版画は、ここ数年シリーズ制作してる牛共を回し動かしていくような新作を送り込もうかと。
絵画は、今年また調子にのって描き上げた100号を持ち込んで様子をみようかと。
ここんとこ長野でばっかりやらせてもらってますな、次回も長野でだし。
遠方により打ち合わせなどに出席できなかったんですが、ゲスト、、。
長野の友人達、今回は市街地だからよろしくね!
また、こちら方面に足をのばされる方、善光寺の下辺りだからよろしくね!
会場みて壁面もらってその場で展示物を決める予定だから、どうなる事やらだけどね!

20140801n_art.jpg
posted by またお at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | News

2014年04月14日

告知かな。

久々の更新となってしまいましたな。
頭のリハビリが滞りっぱなし、、。
ここのところ2月3月は、生命維持活動の傍ら僅かな時間をぬって創作活動に勤しんでおりました。
100号のサイズってものに暫し心を奪われておりましたよ。で、100はささっと終わりにして、(おかしな事に一つの作品に長く時間をかけるって事が出来ないみたいで、飽きる前に終わらせようとする気持ちが作用してますな、版画だと忍耐強いのにな〜)
と言うか展示が待っていたので時間がなくなり次の制作へ。
しかも何と何と、今回は企画者より全作油画でとの所望ありで、高価な画材集めから始めるという旅路。久方ぶり過ぎてすっかり記憶にもなく、どうやるんだっけかなと検索しつつの旅路。
いやーこんなに乾かなかったっけ!。短期決戦型の私には時間配分という観念は無かった、、。次はちゃんと考えよう。
さてさて、既に一週間ほど前から会場には曝してるのだが、題名とステートメントの完成をみなかった為に待機状態でおかれていた作品群にうっすらとした懺悔の念を抱きつつ、やっと告知。毎年恒例の展示です、そして相変わらずの遠方。近くの人よろしくね!
今回の展示、本当のところ、一つの完成された作品として”見せる”という段階では無いものを(本来展示と銘打った場合許されざる事なのですが)いくつかの要因により甘えさせてもらい展示しております。
自身に提示しているともいえる(惨状)。
これら制作物は自身の制作にとって必要なプロセスの一環であり実験的な試みが大きいが、最低限の見せ物水準は果たせている。
と思いたい。
であって欲しいなー。

statment ー Practice
今回2つのシリーズが展示されています。
そのシリーズは今まで制作してきたものとは違って、完全には己翻訳機にはかけていませんし、うんこでもなければ天使でもありません。
私がただ"存在"というものに寄り添い、出現したものです。

<être> "存在"を表す語の中で、響きと見た目だけで選んだフランス語。
ここでの3点の画面には、描かれているもの以外に、ともすれば何か別の意味あいを与えるに十分なものが描かれているのですが、極力描かれているもの以外の意味を排除したく上下で分けるという画面作りを試みました。意味を与えないつもりで上下ハーフに切ってみたのですが(気づけばかなりな翻訳機能が働いてしまっていますが)、ハーフに切る事によって今現在、自身の中で存在と言うものの有り様が、空間、間の中でしか存在しないものなのだと改めて実感した次第です。
そしてこの間が少々気持ちの悪いものとなってしまったと感じるのは、基の技術力のなさと相まって、己コントロールの未熟さによるブレの露見かと。

<stage> 絵の具を幾層にも重ねて出現させた作品です。描く(重ねる)度に新しく存在し、ここに存在するものを見て、よく見る事をして、描いています。繰り返し、反復の中で見えたものをただ純粋に提示しています。ここでは5点展示してます。 

吉村正美 Masami Yoshimura Solo
07,April.2014 – 04,May.2014
11:00 ~ 20:00
at Haricot Rouge
トポス高地 アリコ・ルージュ 2014 01
TOPOOS Highland Haricoit Rouge 2014
欧風家庭料理店「アリコ・ルージュ」
長野県飯綱町川上 2755 飯綱東高原 飯綱高原ゴルフコース前
phone 026-253-7551
営業時間12時~20時30分
休館・定休日 火曜

本当に久しぶりの油絵の具での制作の為か、絵の具の物質性に随分と無邪気に身を預けたものだなと思っております。どろどろどろ〜。
最終的な落としどころでは無いにしろ、この試みはまだ続けなければいけないかなと、、。

mes.jpg
posted by またお at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | News

2013年10月07日

展示してるよ。

企画で久々リトグラフをやったよ ドコモポイント
と言っても「やった」なん言えないんですが、、なんせ私は単にアルミ版に描画しただけで制版と刷りはプロの方、梅田版画工房の梅田さんがやってくれる企画だからです。正確にはリトグラフにしてもらったよ、でしたな。
いつも銅版チクチクガリガリやってるのとはちがって、ザばーっと描いてみた。ザばーっとやったもんだから超早い。早いって素晴らしいね ぴかぴか(新しい)

そんなこんなで
スクリーンショット(2013-10-07 1.33.32).png

2013年 10月5日(土)〜11月4日(日)
11:00 – 17:00
*火曜定休
Lithograph-Black & White 4-Artists 2013

4人のアーティストと1人のリトグラフ刷り師による協動企画
イメージサイズ54×74mmのリトグラフ刷版に作家が直接描画し
刷り師が一作づつ丁寧に製版し7部限定の版画作品に仕上げます。

http://artprojectsaniwa.com/?p=813
多分、軽井沢はもはや冬ですけど、どうぞ!

それと、学生時代ぶりに版画協会
搬出の折に初日に行ったんですが、私の手作り額の中で作品の留め方が悪かったのか既にダル〜ってなってて、これ最終日迄大丈夫かしらって。。
http://www.hangakyoukai.com/exhibition/index.html
どうぞ!

posted by またお at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | News

2013年06月12日

展示終了ー

の報告がかなり遅くなって、、。
今回は展示までの制作日数がちと少なめだったのですが、版画、ドローイングいずれも神が降りてきたのでオッケーでした 手(パー)。(全部が新作ではないです)
いつもの事なんですがその場になかなか出向く事が出来ず、折角ホワイトキューブではない場所で展示するのに、作品が場の空気を吸収して変貌してゆく様や、異物を受け入れた場が異物と同調し新たな場になる様を見れない事は惜しかったですね〜。客の目も見れないし。
改めて思いますがここのお店のハードな壁は何でも合いますな。
関係各位の皆様、遠方足を運んで頂きました皆様、ご購入者様ありがとうございました ぴかぴか(新しい)

でもって、いくつかアップ
R0010582.JPG R0010581.JPG L1001856.jpg L1001851.jpg 4Q0C2319.jpg R0010583.JPG
posted by またお at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | News

2013年05月02日

展示する〜、告知する〜

久々更新、久々告知。です。

昨年から引き続き、長野のお山で展示致します。今回は一ヵ月毎に作家さんが順繰り形式です。
ぐりーんしーずん到来のいい時期であります ぴかぴか(新しい)
長野の人、他地域の人、足をのばされる予定がありましたら一ヵ月やってますのでぶらっとよろしく! 手(パー)

トポス高地 アリコ・ルージュ 2013

TOPOOS Highland Haricoit Rouge 2013
欧風家庭料理店「アリコ・ルージュ」

長野県飯綱町川上 2755 飯綱東高原 飯綱高原ゴルフコース前

phone 026-253-7551

営業時間12時~20時30分

休館・定休日 火曜
http://homepage3.nifty.com/haricot/

あ、五月からなんですが諸事情により、4日からの展示になります。
で、いつもの様に銅版画とアクリル画の展示となりますが、ほぼ新作でございます。時間が無いと全てがストレートにでき上がるものなんだな〜と改めて実感。
見れるお人は見ておいて損はない! まじで いい気分(温泉)

dmshot.jpg

posted by またお at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | News

2012年08月29日

展示するよ。

また、かなり行きにくい所で!

ART PROJECT SANIWA EXHIBITION vol.3
たかはしびわ×吉村正美 展 
9/1(土)〜9/30(日)

今年の7月に始動した信濃追分文化磁場「油や」プロジェクトの一環です。
今回 たかはしびわ さんと初の2人展です。びわさんはペンギンを主体として”人間”を描きます。"肉”も描きます(見てもらえば、、)濃いぃです!
DMは偶然にもお互いソフトな絵図らとなっております(私はDM制作時点で新作が一点も上がって無かったという駄目駄目ぶりで過去作提出〜今も一点上がって無いトホホぶり)。
昨日搬入してきたんですけど、普段ダンゴムシ生活を送ってる身に軽井沢高原の気圧は低過ぎ、なんだかボワッと膨張した様なフワフワ感と、キラキラ輝く木漏れ日と、そこかしこにもう秋ね〜な気候が相まって終始あくびが止まらなく、辺り構わず体を横たえたい衝動との葛藤でした。
そんな真夏の雑踏も収まりつつある大人なリゾート軽井沢にお越しの方は、どうぞお立ち寄りくださいませー。と言っても電車だったら軽井沢からしなの鉄道で2つ目の駅です。車だったらドライブがてら〜。

12810.jpg
展示は、この二人をカップリングした画廊主のセンスが光ります ぴかぴか(新しい)
posted by またお at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | News

2012年08月11日

展示してるよ。

夏は避暑地に 晴れ

TOPOS Migrate Highland 高地回遊 2012年8月6日〜9月30日 *休みは各施設に依る。

migrate-notice-730.jpg

コンセプト
トポスの新しいフォーマット高地回遊 / Migrate Highland は、飯綱高原の南西から北東に点在する4つの店舗施設にて、4名の作家の個展スタイル(各所に一名)にてローテーション展開催。作家は事前に各店舗施設・環境を取材し、ローテーション毎に対応を都度応変してTOPOS(作家作品の場所への役割)を試行。4つのビジョンが4つのスパンスケジュールで展開。
グリーンシーズンに各所を訪れる方々に経験環境拡張を促すと共に、作家作品が高原を回遊展示することで、場所と作品の在り方を考える。
恒常的に継続されるトポスフォーマットとして賛同参画作家が入れ替わりつつ高地回遊の可能性を探る。

migrate artists
梅田明雄 Akio Umeda / print work
吉村正美 Masami Yoshimura / print and paint work
前田聡子 Satoko Maeda / photo work
町田哲也 Tetsuya Machida / art work

スクリーンショット(2012-08-11 12.14.46).png

釜焼パン屋「ベッカライ麦星」
営業日 / 毎週水曜日・木曜日・金曜日・土曜日 営業時間 / 12 時~ 18 時(12 月~ 3 月は 17 時まで)
〒380-0888 長野市上ヶ屋 2471-930
phone & fax 026-239-3039
http://www.mugiboshi.com/

ペンションギャラリー「アンデルセン」
〒380-0888 長野県 長野市 大字 上ヶ屋 2471-2197 TEL&FAX 026-239-2525
http://www.ne.jp/asahi/andersen/gallery/

喫茶・食事「エルム」
長野県長野市北郷2050-208 phone 026-239-3009
営業時間 10時〜20時(4月〜9月)
定休日 4月〜9月は無休 冬季のみ火曜
駐車場 6台 / 席数 16席

欧風家庭料理店「アリコ・ルージュ」
長野県飯綱町川上 2755 飯綱東高原 026-253-7551 営業時間12時~20時30分 休館・定休日 火曜
http://homepage3.nifty.com/haricot/

ていう大きなコンセプトの下、怪しいのを送り込んできた。と言っても店舗なのでザワザワさせない様に、、
作品は新旧含めて店舗毎に入れたり替えたり ひらめき
この期間中長野方面(しかも飯綱高原!)に足をのばされる方、どうぞよろしくー 手(パー)

4Q0C9057.jpg
念でロケハン 

posted by またお at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | News

2012年06月08日

一週間程前の事だけど。

展示が無事に終了しました 手(パー)
遠方よりご来場の方々、本当に本当にありがとうございました!!
今回は新作もなく、旧作を(狭い範囲で)巡回な感じになってしまいましたが、小粒なものを30点ばかり展示していたので、それはそれで見応えがあったと言ってくださる方も多く嬉しかったです ドコモ提供 。後、ご丁寧なメールをくださる方もいて感動しました。
かなり昔(4~5年前)の作品も展示したのですが、改めて見ると不思議なものを描いてたな〜とシミジミ、、。何だか最近の作品は綺麗にまとまりすぎていて面白味に欠けてないか!?自問。おとしどころの見極めが一番難しい〜。
そして今回の展示はいろんな意味で勉強になりました。友人達の声を聞きつつ自分の声に従い、おや?おや?と疑問に思う事がいくつかありましたが、まだ経験してない事象を経験できたので結果的によーし。
何事もやってみなきゃわからない パンチ

飾ったり〜
R0010532-1.jpg この作品に必要な二段掛け。

貼ったり〜
R0010535-1.jpg もう数点額入りでもよかったかなと。

置いたり〜
R0010534-1.jpg ご購入後はこんな感じでも、、気軽に置いていただけたらと、、

突っ込みどころ満載の展示であります。
展示してみたら案外スカスカで、もっと量を増やせば良かったと思いました。私の求める博物館や書斎のごった感が出なかった〜。
posted by またお at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | News

2012年05月11日

展示するよ。

そろそろ告知をせねば、展示してるよ、になってしまう。
 
 DM_masami_1.jpg  DM_4.jpg
  クリックで拡大

今回展示名を「co-star」展としました。共演とかそんな意味です。テーマの違う作品達を同じ場で共演させてみます。
展示場がミニなのですがあえて量をぶっこんでみようかと、、、趣味人の書斎や、博物館みたいに〜(予定は未定)。
昨年迄の作品が共演です、今年のはまた今度 手(パー)

お近くの方、足をのばして頂けたら幸いひらめき
posted by またお at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | News

2012年01月25日

グループ展、終了。

寒い中、また雪の中ご来場頂いた皆様方には、感謝感謝でございます !!ありがとうございましたドコモポイント!!!!!
私、期間中はずっと風邪をひておりまして、気管支炎なんぞになりまして(只今序々に回復中〜)ほとんど会場には行けませんでした、、もうやだ〜(悲しい顔)。その場で誰の感想も聞くことが出来ず手応えがわからないまま終わりました。更に、今回展示にてお初にお目にかかる方々とのコミュニケーションもほとんど取れずに全くもって駄目駄目でしたね〜。

で、ざっとアップをば。。

1.jpg 2.jpg 3.jpg

今回は6連作と2連作と単独作品とで展示しました。
6連作のはちょいと趣向をこらして、そのうち作ろうと思っている動画(タイトルは今のところshadowと付けております)のシーンを版画におこしてる風にしてみました。
堂々とキャプションに、 映画「shadow」より としてあったので皆さんそんな映画があるものだと思ってくれました。探そうとしてくれた方すみません、完全にまだ私の頭の中です。

映画「shadow」より
 master  師は一言も発せずそこにいる。
 ニワのカラス  秘すれば花、秘すれば花とカラス達が騒々しい。
 カーペット  それは目の覚めるような真っ赤っか。 
 風見鳥  風が強い日は出掛けてしまう。
 庭の木  木の人に答えてもらおう。  
 smog  自宅からスモッグ。

映画のシーンを表す設定だったので、この様にキャプションにはせこく注訳をつけておきました。
(絵が無いとこれ読んでもなんのこっちゃなのですが、、、、、、、、あってもなんのこっちゃでした あせあせ(飛び散る汗)
またこいつらをお見せする機会がありましたらその時は手応えを感じたいものです。
作品の方は近々HPにて2011年タグでアップいたします 手(パー)
でも版画はその独特の質感を感じて頂きたいものなので、また展示する時には是非足を運んでみてください!


posted by またお at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | News

2012年01月13日

2012 まずは、、

新年、明けすぎて、おめでとうございます。
今年もよろしくお願いします ドコモポイント

昨年は走馬灯の様に過ぎ去りました。やっておきたい事(制作面で)は一先ずやれた感があったかなと思います。
年末は28日LIQUIDROOMでの BOOM BOOM SATELLITES のライブでしめようと思っていたら、新年初っぱなグループ展に間に合わない作品の制作の為しめられず、更に新年に持ち越すというぎりぎり具合。
でそのグループ展が始まってます ドコモポイント
ギャラリー悠玄 にて、1月10日(火) 〜 1月21日 (土) まで。OPEN 11:00 〜 19:00 です。
画廊のディレクターさんのチョイスで企画されております。
お近くにお立寄りの際は覗いていって下さいませ!
今回は黒版画です。黒、黒、黒。ちょっとしたストーリー仕立てになってます。

2012sinshu.jpg 
posted by またお at 15:45| Comment(2) | TrackBack(0) | News

2011年10月25日

グループ展、2発。

10月30日(日)〜 11月6日(日)gallery花蔵
 長野市東町147
 phone:026-232-2324
 10:00〜18:00
 アクリル画出てます。

10月29日(土)、10月30(日)FLAT FILE
 長野市桜枝町883長屋北
 phone:090-9359-6167
 土:10:00 〜17:30 / 日:11:00 〜17:30
 週末のみ。
 こちらは版画小作品をちらっと。

ピクチャ 1.png

会期が二回あるのですが、前会期に出てます。
地図はこのDM!どこ!!

11月3日(木)〜 11月8日(火)ギャラリー・アニータ
 座間市入谷4-1869-5
 phone:046-254-4833
 11:00 〜18:00
池田由起子さんと、橘良子さんとの3人展となります。

版画アートラリー神奈川 の中の一コマです。
ピクチャ 2.png
これはDMじゃないよ!
版画地獄に陥った作品が多数でております手(パー)

どちらもお近くにいらした際にはお立ち寄りくださいませー ドコモポイント


posted by またお at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | News